スタッフの声 渡邉 ひかる

質問1.どうして数ある法人の中から、新潟太陽福祉会を受けようと思いましたか?

 当初保育の道を考えていましたが、実習を通して保育以外の福祉の道があることを知るきっかけとなった法人でした。支援員の利用者さんに対する考え方や支援がしっかりしていること・利用者さんたちと毎日笑顔で過ごしていたことが強く印象に残っていて、新潟太陽福祉会で一緒に働きたいと思いました。

質問2.入社してみていかがですか?入社前と印象は変わりましたか?

 入社してみると地域との関わりが多い事に驚きました。太陽の村で行っているSUNSUNフェスティバルの他にも、毎年地域のお祭りに利用者さんが司会として参加をしたり、芋ほりや海岸清掃などに参加をしたりと地域の活動に多く参加しています。
 地域の方が、利用者さんの名前を覚えてくださり、温かい地域の方々に恵まれている事にとても嬉しくなりました。利用者さん達も地域の活動に参加することをとても楽しみしています。

質問3.どんな仕事をしていますか?

 入所施設で働いています。不規則勤務で51名の利用者さんの生活支援を行っています。太陽の村では、ユニット制を取り入れており、6~13名の利用者さんが各棟で生活をしています。行動障害が強い利用者さんが多いので、一人ひとりの障害特性に合わせた支援を心掛けています。
 また、施設行事もあり、個人外出や棟外出・SUNSUNフェスティバルなど施設外の活動もたくさん行っています。

質問4.仕事をしていてやりがいを感じるときはどんな時ですか?

 入所施設なので利用者さんと一緒に過ごす時間がたくさんあります。その一緒に過ごす日々の中で、信頼関係を築き、利用者さんの想いが汲みとれた時・笑顔がみられた時に、やりがいや喜びを感じています。そのために、日々より良い支援をできるように努めています。

質問5.リフレッシュ方法や休日の過ごし方を教えて下さい。

 リフレッシュ方法は美味しいものを食べることです。旅行も兼ねて美味しいものを食べに出掛けることもあります。その土地ならではのものを食べたり、観光名所を見に行ったりして、休日を満喫しています。

質問6.仕事上大切にしているポリシーや言葉を教えて下さい。

 相手の立場に立って考える事です。利用者さんの中には無言語の方もいらっしゃるので、どんな気持ちなのか、なぜその行動をしているのかを考え、どのようにしたら良いのかを常に考えています。利用者さんの生活が豊かなものになるように支援をさせて頂いています。

質問7.就活中の学生さんへ一言メッセージをお願いします。

 学生生活のうちに、たくさんの経験をしてみてください。その中にきっと「やってみたい・これからも続けたい」と思えるものに出会えるはずです。興味や関心が持てたものにどんどんチャレンジすることで得られるものがあると思います。
社会福祉法人 新潟太陽福祉会
〒950-3112
新潟県新潟市北区太夫浜字下浜山675番地
【本部】
TEL.025-258-3050
FAX.025-258-6338
【太陽の村】
TEL.025-258-6337
FAX.025-258-6338