スタッフの声 木村 駿介

質問1.どうして数ある法人の中から、新潟太陽福祉会を受けようと思いましたか?

 私の住んでいる地域、私の通っていた学校ともつながりがあり、身近に感じていました。地域交流に力を入れていることも魅力で、学生時代のボランティアの際に関わることがあり、職員の楽しそうに働く姿を見て、私も楽しい仕事がしたいと思い、受けることを決めました。
 休日数や資格手当等の処遇の面でも納得できる内容となっていました。

質問2.入社してみていかがですか?入社前と印象は変わりましたか?

 入社前から職員の楽しそうに働く姿に憧れていました。現在では私自身も利用者さんとの日々の関わりや、地域の活動に楽しく参加することができており、印象通りでした。
 不規則勤務に対して過酷な印象が強くありました。しかし、実際に不規則勤務を経験してみると、明けや早番後や遅番前など時間を有効に使うことができるので、仕事とプライベートが充実しています。

質問3.どんな仕事をしていますか?

 入所施設で働いています。早番・日勤・遅番・夜勤等の不規則勤務です。利用者さんの朝起きてから寝るまでの食事、歯磨き、入浴等の一日の生活を支援しています。ご自身でできることはして頂き、職員は最小限の支援をさせて頂いています。
 また、利用者さんと外出で食事や温泉、ドライブなどに出かけることもあります。行事ではSUNSUNフェスティバルや地域のお祭り等に利用者さんと参加させて頂き、地域との交流を図っています。

質問4.仕事をしていてやりがいを感じるときはどんな時ですか?

 支援に携わっている際に、利用者さんの笑顔を見た時にはとてもやりがいを感じます。そのため、利用者さんに笑顔になっていただけるよう、毎日より良い支援ができるように努力しています。
 また、外出の際には普段見ることのできない利用者さんの一面を見ることができるので楽しみにしています。

質問5.仕事上大切にしているポリシーや言葉を教えて下さい。

 「楽しみながら仕事をする」です。日々どんな些細なことでも利用者の方を笑顔にすることを心がけています。自分自身が楽しむことができていないと利用者さんを楽しませることは難しいと考えています。そこで私は自分自身で楽しみながら利用者さんと関わることを心がけています。

質問6.リフレッシュ方法や休日の過ごし方を教えて下さい。

 カラオケに行ったりして好きな歌を熱唱することでリフレッシュしています。また、職員同士の年齢も近いのでプライベートでも一緒に過ごすことがあります。休日には一緒にボーリングに出かけたり、夏にはバーベキューなどを楽しんでいます。

質問7.就活中の学生さんへ一言メッセージをお願いします。

 やらないで後悔するより、やって後悔する。学生時代にはたくさんの可能性があります。時間も多くあると思います。私は、今になってあの時やっておけばよかったと思うことがたくさんあります。ボランティア活動など少しでも興味を持ったものにはまず挑戦してみるといいと思います。そこから新たな気づきや発見があり、自分自身の見える世界が広がります。
社会福祉法人 新潟太陽福祉会
〒950-3112
新潟県新潟市北区太夫浜字下浜山675番地
【本部】
TEL.025-258-3050
FAX.025-258-6338
【太陽の村】
TEL.025-258-6337
FAX.025-258-6338