本文へ移動

お知らせ&トピックス

トピックス ~各施設からのイベントや行事のご報告です~

世界自閉症啓発デ-活動
2020-04-02
世界自閉症啓発デー ~今、わたしたちができる事~
皆さんはご存じでしょうか?
毎年4月2日は、国連で定められた「世界自閉症啓発デ-」です。また、日本では4月2日から8日までを「発達障害啓発週間」としています。
この間は、日本各地で「癒やし」や「希望」などを表す青色でライトアップする「ライト・イット・アップ・ブル-」などのイベントが行われ、新潟では「デンカビッグスワン」が青く輝いていました。
我々、新潟太陽福祉会は、もともと「新潟市自閉症親の会」が設立した法人であり、現在も利用者さんの約8割は自閉スぺクラム症の方々となります。
昨今のコロナウイルス感染予防から、大きなイベントが自粛される中でも「今、わたしたちができる事」として、職員は4月2日にイメ-ジカラ-の「青」を身に着け勤務しました。
当日は、右を向いても左を向いても青色の人だらけ一日となり、皆楽しそうに過ごしていました。
とても小さな啓発活動でしたが、発達障害についての理解が深まることを願い、啓発を続けていきたいと思います。
新入職員入職式
2020-04-01
理事長より
令和2年4月1日
社会福祉法人新潟太陽福祉会 令和2年度入職式が行われました。
今年度は新卒12名が入職いたしました。
感染症対策として、例年より人と人の距離を離し、マスク着用での開式となりましたが、
皆、初々しい表情の中に緊張や不安、そしてやる気や期待も見て取れました。
これから障害福祉に携わる専門職として一緒に頑張っていきます。
令和元年度 新潟県強度行動障害支援者養成研修 開催報告(新潟太陽福祉会)
2019-11-28
新潟太陽福祉会が新潟県より委託を受けている「強度行動障害支援者養成研修」を下記日程にて朱鷺メッセにて本年度も無事開催いたしました。
 ◆基礎研修 令和元年10月9日~10月10日の2日間 受講生240名
 ◆実践研修 令和元年11月20日~11月21日の2日間 受講生200名
両研修共に多くの方にご参加いただきました。
今後もより良い研修の実施に励みたいと考えています。
ご協力いただいた関係各位、ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。

 
大森看護師が人命救助で感謝状を授与されました(ふれあい)
2019-11-14
注目
大森真美看護師が新潟東警察署長より感謝状を授与されました。
令和元年11月11日夕方、交通事故現場に遭遇した「ふれあい」の大森真美看護師が怪我人の救命にあたりました。その後、駆け付けた警察官と共に救命を続け、事故にあわれた方は意識を取り戻して、現在は回復に向かっているそうです。
このたび、勇気ある行動で救命に貢献したことを称え、新潟東警察署長から感謝状の贈呈がありました。知識の習得や訓練を行っていても実際に救命にあたることは勇気と的確な判断が求められます。現場で人命救助にあたりました大森看護師を私達は誇りに思うとともに、改めて緊急時対応の訓練の大切さを感じる日となりました。
こころアート展今年も開催!(あんかー)
2019-11-04
令和元年11月2日(土)、新潟市中地区公民館にて「こころあーと展」を開催しました。日々作成している紙細工等の作品展示やお菓子の販売、体験コーナーを行っています。皆さんクッキーを買ったりプラバンやキャンドルづくりをしたりと楽しまれていました。また今年も多くの地域の皆さまにご来場いただき、盛況のうちに終えることができました。
「こころあーと展」は山の下地区コミュニティ協議会様から共催をいただき、東区社会福祉協議会様から助成を受け開催させていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
セブンイレブンがやってきた!(太陽の村)
2019-10-23
10月22日、新潟市内にあるセブンイレブン向陽2丁目店さんが太陽の村に来てくださいました。利用者さんはたくさんの商品の中から好きな飲み物と、お菓子やパンを購入し、そのままホールでお茶会もしました。普段なかなかコンビニなどへ買い物に行く機会が少ない為、みなさんとても嬉しそうでした。たくさんの笑顔が見られるちょっとしたイベントになりました。このような形で地域の方との繋がりを大切にし、利用者さんが楽しめる活動を今後も企画していきたいと思います。お忙しい中、施設まで商品を運んでいただいたセブンイレブン向陽2丁目店の皆様に大変感謝申し上げます。ありがとうございました。
ふれあいまつりを開催しました。(ふれあい)
2019-10-23

地域交流イベント『ふれあいまつり』を行いました。

 

令和元年1022日(火)に、ふれあい建物内にて、小さなお祭りを開催しました。

お越しいただきました地域のお子さん連れの家族の方々をはじめ、出店やステージに出演して下さった方々、そして利用者、ボランティアの方々の笑顔と熱気にあふれ、『ふれあい』らしいアットホームな雰囲気に包まれた時間となりました。

写真は、出店(もちもちした生地のたい焼き店、手作りパンの販売店、クレープのお店)とステージショー(あたたかい音色のハーモニカ演奏、利用者もステージに立った健康体操)の様子です。

第11回 北区ふゆっこまつりに参加しました。(太陽の村)
2019-02-24
平成31年2月24日(日)に 新潟医療福祉大学にて北区ふゆっこまつりが開催されました。今年で11回目となるこのイベントには当初より太陽の村が参加し、職員利用者共に企画・運営に関わってまいりました。
当日は2600人を超える方が来場され、楽しまれていました。
障害を持った方が、住み慣れた地域で主体的に活動する。そんな街にしていけるようこれからも関わっていきたいと思います。
外食へ行ってきました。(おひさま)
2019-02-23
おひさまでは外出行事も行っています。
2月23日(土)には東区にある欧風食堂ファミーユ(Famille)というお店へ行ってきました。
トマトソースのパスタを食べる皆さんの口は赤くそまり笑顔に。
デザートのバナナシフォンまで美味しくぺろりと食べていました。 おなかいっぱいになった後は、太夫浜運動公園で遊んだり、春の雰囲気を感じたりして過ごしました。
ウインターフェスティバルを行いました。(太陽の村)
2018-12-19
2018年12月14日(金)ブライダルステージDuOにて、ウインターフェスティバルを行いました。
 
おいしい料理を食べたり、クリスマスソングを歌ったり、太陽の村のサンタクロースから、お菓子のプレゼントを貰ったりと楽しい時間を過ごしました。
 
ウインターフェスティバルで最も盛り上がる職員の余興では、女性のかわいいダンスやメイクをした男性のダンスが繰り広げられ、とても盛り上がりました。
 
毎年恒例の行事ということで、みなさん落ち着いて楽しそうに参加されていました。
 
社会福祉法人 新潟太陽福祉会
〒950-3112
新潟県新潟市北区太夫浜字下浜山675番地
【本部】
TEL.025-258-3050
FAX.025-278-7088
【太陽の村】
TEL.025-258-6337
FAX.025-258-6338

 
TOPへ戻る