障害者支援施設 太陽の村

トップページ/太陽の村

太陽の村とは

太陽の村外観

太陽の村は18歳以上の自閉症の方や知的障害の方が生活する施設です。
利用者一人ひとりが必要な時に必要な支援を受けながら、それぞれにあった豊かな生活を営むとともに、個々の能力に応じた日中活動を提供することで社会的自立を目指しています。

5つの棟(小舎制)に分かれ少人数での生活を提供しています。 年間を通して様々な行事を企画、実施しています。 周辺地域との交流に力を入れています。

所在地
住所 新潟県新潟市北区太夫浜字下浜山
675番地
TEL (025)258-6337
FAX (025)258-6338
施設 建物 鉄筋コンクリート・鉄骨造平屋建
2.462.91㎡
職員構成 施設長(1)・総務課長(1)・ 事務(2)
栄養士(1)・支援課長(1)
支援課長補佐(1) 主任支援員(2)・ 支援員(27)・看護士(2)・
定員 50名
(障害者支援施設 施設入所支援+生活介護)
※契約者数51名
短期入所:5名
日中一時支援:5名

太陽の村 運営方針

個別支援計画を作成します

各利用者は潤いのある生活が送れる様、地域社会への選択への対応を含め、利用者一人ひとりのニーズに叶った個別支援計画を作成し、計画に基づいた適切なサービスの提供に努める。また、実行過程においては、ケース検討、消化、改革見直し等、常にサービスの改善に努める。

職員の資質向上を図ります

福祉サービスの質を高めるため、職員の専門性を高め、施設内研修の充実や外部研修に積極的に参加させることにより職員の資質向上を図る。

地域に根ざした施設運営を図ります

地域交流の推進として、各種行事の実施や地域行事への参加を支援し、地域住民と一体となった生活、いわゆる地域に根ざした施設運営を図る。

太陽の村 活動内容

農園芸班作業
日中活動

現在5つの班が活動しています。各利用者は自分の好みや能力を活かすことが出来るよう、活動内容・所属班は随時検討されています。

工房ひまわり(ケーキ・クッキー)
農園芸班(野菜、花苗、果樹栽培)
創作班(作業技能トレーニング・受注作業)
受注班(受注作業)
軽作業(作業トレーニング・体力トレーニング)

乗馬クラブ 音楽療法

行事

ウインターフェスティバル(クリスマス会)のような施設全体的な行事と、各棟で行うお楽しみ会や外出、さらに利用者がスタッフと二人で出掛ける個人外出など、年間を通じて様々な行事を企画、実施しています。また新潟市内の施設が参加しているスポーツ交流会への出場、乗馬や絵画教室、音楽療法士による音楽活動などのサークル的な活動も行っています。

SUNSUNフェスティバル
地域交流

周辺地域との交流にも力を入れています。 特にSUNSUNフェスティバルでは地域の方々にも協力を求め出店やイベントへの参加など、太陽の村最大の一大イベントとなっています。そのほかにも周辺地域のお祭りやイベントなどに参加し、街づくりに協力しています。

短期入所事業・日中一時支援事業

短期入所事業 定員:5名
日中一時支援 定員:5名
対象 児童から成人まで

連絡先 025-258-6337(太陽の村内 ショートステイ担当)

スタッフの声

現役のスタッフの声をご紹介しています。

スタッフの声詳細はこちらから

ボランティア募集中

太陽の村では、さまざまな分野でボランティアを募集しています。 作業支援の補助・各種イベントや行事でのお手伝い・販売時の補助など。興味のある方はお気軽にご連絡ください。

太陽の村ボランティア担当 025-258-6337

各施設のご紹介

太陽の村 はまかぜ ふれあい おれんじぽーと グループホーム・ケアホーム 太陽の村 あんかー